「美術班」カテゴリーアーカイブ

塗り絵の輪を広げよう!


(地域のデイサービスで塗り絵中の一コマ)

今年のマダン’20、美術班は、マダンらしい発信を続けるために、集まれなくても地域をつなぐ、塗り絵を作りました。この塗り絵は、東九条地域で配られ、老若男女、みなさんに塗ってもらい、WEBで公開する予定です。また、マダン’20特設ページでダウンロードすることもできます。さらに、みなさんの塗り絵がたくさん集まると、、、乞うご期待! 塗り絵の回収場所は、京都市地域・多文化交流ネットワークサロン、東九条文庫・マダンセンター(ポストに投函)、コミュニティカフェほっこり、NPO京都コリアン生活センター「エルファ」、希望の家保育園です。

美術班

美術班では、会場を彩るさまざまな装飾品やハンジ(朝鮮古来の紙)を用いた作品などを続々と制作しています。
また今年はごみ分別の種類が増えるため、見て分かりやすいごみ箱のデザインを考案中です。
9月2日の作業には凌風小「コリアみんぞく教室」の先生2人が参加し、授業で使用するタル(仮面)作りに挑戦しました。

美術班

美術班では例年のハンジ(韓紙)の小品やタル(仮面)のほか、ソッテ作りに挑戦しています。ソッテとは竿の先に付ける鳥形の飾りで、繁栄を願って立てます。
紙粘土で作った原型を子供たちが色とりどりに塗って、様々な作品を手がけています。11月3日に披露しますのでお楽しみに。

 

 

楽しい美術班

8月20日、美術班を中心に文庫・マダンセンターで流しそうめんをしました。目の前を流れるそうめんを上手にすくい取ることができず悪戦苦闘の子供たち。ざるの中に流れ着いたそうめんを食べるずる賢い大人。偶然、通りかかった韓国人観光客も飛び入り参加して夏のひとときを楽しく過ごしました。

美術班は毎月第一から第三日曜の午後1時から文庫・マダンセンターで活動しています。皆さんの参加をお待ちしています。