今年のマダン劇は・・・

マダン劇の練習は毎週木曜日です。今回は子どもたちが8人も出演することになりました。
暗黒沼の謎を探る東九条地域の子どもたち。高齢者施設で出会ったハルモニ(おばあさん)から語られる沼の記憶とは・・・。
今年のマダン劇にもご期待ください。

9月29日(土)実行委員会・交流会のお知らせ

【実行委員会・交流会】
9月29日(土)のスケジュール 
場所:東九条文庫・マダンセンター

18時~19時 東九条マダン出店会議 
19時~20時 東九条マダン実行委員会
20時~ 交流会  

9月29日(土)は実行委員会に加えて、恒例の交流会を行います。
初めての方もご参加いただけます。
大人も子どもも集まって、東九条マダンへのラストスパートに向けて、大いに騒いで楽しみましょう!

——————————
【関連イベント】
シンポジウム「川デツナガル」
15時~18時
場所:元 崇仁小学校

9月29日(土)は15時から、今年の東九条マダンの会場となる元崇仁小学校で、「川デツナガル」と題したシンポジウムがあります。
元東九条マダン実行委員長朴実さんがパネリストの一人として参加されます。
これからの東九条と崇仁のまちのあり方ついて、意見交換したり交流をする場です。
こちらにもぜひご参加ください。

(*写真は昨年度美術班のハンジ制作風景です。)

プンムル、大サムルノリの練習開始

台風21号の影響で1週間延期になったプンムル、大サムルノリの練習が9月11日、始まりました。
例年通り、子供は北岩本児童公園と京都市地域・多文化交流ネットワークセンターで、大人は故郷の家・京都(いずれも京都市南区)でソゴとチャンゴの練習に励みました。
故郷の家・京都では今年初めての参加者がクンチェ、ヨルチェ(ばち)の持ち方や手の動かし方を真剣な表情で学んでいました。

美術班

美術班では、会場を彩るさまざまな装飾品やハンジ(朝鮮古来の紙)を用いた作品などを続々と制作しています。
また今年はごみ分別の種類が増えるため、見て分かりやすいごみ箱のデザインを考案中です。
9月2日の作業には凌風小「コリアみんぞく教室」の先生2人が参加し、授業で使用するタル(仮面)作りに挑戦しました。

いこか つくろか みんなのマダン