東九条マダン2020始動式の報告

(オープニングのサムルのたまごの演奏)
 
(新実行委員長からの挨拶)
 
<東九条マダン2020の始動式が、初の多元中継で開催されました!>
 
去る2020年6月28日(日)、次回の東九条マダンのスタートとなる始動式が、東九条内の3つの会場と自宅からの参加者をZoomでつなぐ形で開催されました。
 
式の最初に、この春永眠されました初代実行委員長・崔忠植氏ならびに、いつも300%の明るさで東九条を寝台式車いすで横断されていた立林己喜男氏に黙とうを捧げました。
 
そのあと、東九条市民文庫・マダンセンターから、サムルのたまごのメンバーによるサムルノリの演奏がライブ配信されました。たまごのみんなが楽器を奏でるのは数か月ぶりでしたが、元気いっぱいの演奏で式を盛り上げてくれました。
 
また、 リモートで結んだ3会場ならびに自宅からのZoom参加者による満場一致で、新実行委員長に具明徳氏が選出されました。
 
第27回東九条マダンの会計報告や、金光敏事務局長から、マダン・文庫センター改修工事の報告や今年のマダン開催に関する経過報告がありました。
 
多元中継を用いての意見交換では、大人数で集まることが困難とされる今年のマダンのあり方について議論されました。
 
この秋に向けて、どのようなマダンを進めていくかについては、今後、まだまだみんなで考えていく必要がありますが、この日、始動式の場では、人が集まる広場こそ、本来のマダン(ひろば)であろうことを確認しました。
人が集ってつくる第28回東九条マダンは1年後、2年後になるかもしれません。けれど、新実行委員長のもと、第28回東九条マダンの開催に向けて準備していくことをみんなで共有しました。
 
式の終わりは、具明徳新実行委員長の熱い思いが挨拶として語られ、今後ますます楽しみな東九条マダンの展開が予想されました。
 
 
次回の実行員会は7月31日(金)19時から、 京都市地域・多文化交流ネットワークサロン で行います。詳細は、改めて案内いたします。
 

※始動式で配布いたしました第27回東九条マダン報告集の3ページ「追悼」で、初代東九条マダン実行委員長崔忠植氏の委員長就任期間が「第1回から第3回」とあるのは「第1回から第4回」の、「園長として36年間」は「園長として34年間」の誤りでした。また6ページ1行目で「第3回~第16回」とあるのは「第5回~第16回」の誤りでした。

式場でも案内いたしましたが改めて訂正いたします。

%MCEPASTEBIN%

「東九条マダン2020」始動式のご案内

みなさんアンニョンハセヨ。

いよいよ今年も東九条マダンが動き出す季節がやってまいりました。
「今年のマダンはどうなるんだろう?」と思っておられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

イベント開催ができるのかどうか先のことが不確実な中、これから考えていくことは山ほどありますが、今年も実行委員会は動き出します。その瞬間をみなさんと共有できればと始動式を行います。

密な状態を避けるために、例年よりかなり短縮した式になります。大きな会場で安全を確保しながら開催いたしますが、無理のない範囲でご参加ください。また、会場整備の都合上、参加を希望される場合、下記のメールアドレスまでご連絡くださいますようお願いいたします。
Eメール: hkm@h-madang.com

<東九条マダン始動式>

  • 日程:2020年6月28日(日) 
  • 時間:15時~15時40分 (今回、交流会は行いません。)
  • 場所:京都市 地域・多文化交流 ネットワークサロン
  • 内容:サムルのたまごによるサムルノリ、実行委員長選出、今年のマダン開催について意見交換

※当日、発熱・咳など風邪の症状がある方は参加をご遠慮ください。
会場ではマスクの着用、手洗い、うがい、アルコール消毒のご協力をお願いいたします。

追悼 崔忠植初代実行委員長

第1回東九条マダンであいさつする崔忠植さん=1993年10月9日

2020年4月14日、ちょうど桜が散り、葉桜に姿を変えようとしていた頃、崔忠植先生が天に召されました。

崔先生は、第1回から第4回東九条マダン実行委員長を務められ、創成期のマダンのために尽力されました。

ご自身が東九条出身で、在日コリアン二世として様々な苦悩を乗り越えられ、希望の家カトリック保育園の園長として34年間、共に生きる喜びを伝えて来られました。

共に生きる喜びを実感するマダンの創造を強く望んでおられました。
マダンが、まだまだ地域に認められていない時期に、崔先生はじめ多くの人々が東九条マダン実現のために努力されてきた事、その延長線上に今のマダンがある事を私たちは忘れないでいたいです。

「どの花見てもきれいだな」の歌詞が好きだった崔先生、これからも、マダンに咲く笑顔の花を空から見守ってください。

【金光敏】

第28回東九条マダン始動式のお知らせ

みなさん、お待たせしました! 
第28回東九条マダンの始動式は、6月28日(日)に決定いたしました。
開始時間と実施方法、参加方法は現在検討中ですので、追って発表いたします。

当日は、第28回東九条マダンの実行委員長を選出し、また、会計報告や今年のマダン開催に向けての近況報告などを行う予定です。
大勢の人が集まるイベント開催に関しては、先が見えない状況ではありますが、だからこそ、今年のマダンをどんなふうにつくっていくか、みなさんといっしょに考えていきたいと思います。

東九条マダンのHPでは、チシンパルキの動画リレーもしています。いろんな形で今年のマダンをつくっていきましょう。

クワンミン オモニのアリランメドレー

メッセージ

コロナで、無くしたこと、
気づいたこと、見えなくなったこと、見えたこと、人はいつでも不安であること、不安だから誰かといたいし、繋がりたいこと

私のオモニは、デイサービスに行けなくなり、週に一回の娘とのお風呂を心待ちにしています
どんな状況でも、娘は、大阪に通います 待っている人がいるから、、
いっぱい介護が必要になったオモニだけど、私は、オモニにいっぱい元気をもらって、帰ります 

チャンダンは、ボールとレンゲ
オモニ版アリランメドレーでした
元気な時は、マダンの舞台で、
歌姫プシンと共に、アリランを歌い踊ったオモニ
1回目から20回まで、毎年、マダンに来てくれていました
今は、ベッドでの生活ですが、今もマダンのファンです
潜在的マダンフアンは、海のように
広くつながっています
今年は少し立ち止まって、
もう一度、普段気づかなかった大事な事を探す機会になるかもしれませんね

クワンミンより

いこか つくろか みんなのマダン