第25回東九条マダンが始まりました

第25回東九条マダンの始動式が6月25日、文庫・マダンセンター(京都市南区)で開かれ、11月3日に向け今年のマダンが発進しました。ヤンソル(左)が、第17回から実行委員長を務めた陳太一に替わり新たに委員長に選ばれました。その後、美術、プンムル、マダン劇など各班の活動紹介や交流会が行われました。

ヤンソル新実行委員長のひとこと  「アンニョンハセヨ。このたび陳太一の後を受け実行委員長に就任しましたヤンソルです。今年は25回目となる節目の年です。みんなでいっそう楽しく東九条マダンを作っていきましょう」

 

 

 

ハンマダン 27年ぶりの自主公演

 

1986年、在日韓国・朝鮮人と日本人が共に主体的に民族文化を継承、創造しようと「ハンマダン」は結成されました。東九条マダンの立ち上げにあたり大きな力ともなったハンマダンが、27年ぶりの自主公演を6月11日、故郷の家・京都(京都市南区)で行いました。プンムル演奏に始まり、歌と詩の朗読、戦前の日本の侵略を祖父が孫娘に語って聞かせるマダン劇「ウリハラボジ」(写真上)と続き、最後は東九条マダンでもおなじみとなった「和太鼓&サムルノリ」で締めくくりました(写真下)。

DPI全国集会でサムルのたまごが演奏

6月3日、「第33回DPI日本会議全国集会in京都」でサムルのたまごの皆さんがサムルノリを演奏しました。DPIは1981 年の国際障害者年を機に結成された国際障害者運動のネットワーク組織で、集会は国内の組織であるDPI日本会議が開催しました。懇親会に登場したサムルのたまご。「アンコール」の声に応え会場も巻き込んで盛り上がりました。

第 25 回 東九条マダン始動式

 

 

「まつりづくりワークショップ」 with  第 25 回 東九条マダン始動式 

東九条マダンは、京都駅の南側、東九条地域で開催されるお祭りです。今年で25回目になります。今年も「まつりづくりワークショップ」と、マダンのはじまりを告げる始動式を開催します。関心をもってくださる方、どなたでも参加していただけます。
——————————————————–
日時:6月 25 日(日) 15 時~ 
場所: 東九条文庫・マダンセンター 
(http://www.h-madang.com/地図-2)
参加費: 500円(簡単な飲み物とお菓子つき) 
——————————————————–
ワークショップでは、これまでマダンをつくってきた人たちが、マダンの歴史や魅力、マダンのつくり方など、ご紹介します。たとえば、マダンの華・大プンムル(農楽)はどんな人たちがやっているの?  会場いっぱいにぎやかに飾っている絵や置物は誰がいつ作っているの? ポスターは? 宣伝は? 毎年やってる芝居は…? などなど。

マダンに興味のある方、お祭りが好きな方、おもしろいことが好きな方、ぜひご参加ください。お菓子と飲み物を囲んで、楽しい時間を一緒に過ごしましょう。

今年の東九条マダンは11月3日(金)です。

今年のマダンに向けて

4月に小5になった大関瑠燈君が父親の指導でヨルティバルの練習に励んでいます。4月16日、京都の最高気温は25.9度と今年初めての夏日を記録。大関君は弟、妹が見守る中、汗をかきながらいろいろなパターンに何回も挑戦していました。

いこか つくろか みんなのマダン